一般歯科

患者さんの納得感を大切に

当院では、できるだけお口の中の状態を口腔内カメラで撮影して、患者さんにお見せするようにしています。また、歯を削ることで様々なリスクが発生しますので、一方的に治療を進めるのではなく、これからどのような治療をしていくのか、なぜそれが必要なのかをきちんとご説明することを大切にしています。

虫歯を放置しておくと…

虫歯は放置しておくとどんどん進行していき、歯髄(しずい)と呼ばれる歯の神経にまで達すると、その神経を取らなければならなくなってしまいます。また、場合によっては歯の根っこにまで菌が感染し、歯を失ってしまう可能性もあります。これらの治療が必要になると通院回数が増えて患者さんご自身の負担も増えていく一方です。そして、虫歯によって噛み合わせが崩れることもあり、それが原因で顎の関節を痛めることもあります。できるだけ早期発見・早期治療を実現し、少しでもお口のダメージを減らすようにしましょう。

神経を残すかどうかの判断について

歯の神経を抜くと、噛む感触がなくなり、さらにその後の歯の寿命が短くなってしまうこともわかっています。そのためできるだけ神経を残すことが重要ですが、一方で虫歯が神経に到達した状態で放置してしまうとさらに歯の奥まで虫歯が進行していき、激しい痛みも伴うことになります。これらのあらゆる要素を考慮した上で神経を取るべきか残すべきかの的確な判断をして、患者さんにそれを納得していただけるよう丁寧に説明させていただきます。

歯を残すかどうかの判断について

歯を残すか抜くかを判断する際は、当院の歯科医師から専門的な視点での提案はさせていただきますが、最終的には患者さんの意向もきちんと汲みながら治療方針を決めていくことになります。例えば、グラグラしている歯でも患者さん自身がまだ噛めるということであれば、しばらく経過を見ていただくこともあります。根管治療に関しても、一般的には3回が限度だと言われていますが、どこまで治療を続けるかはしっかりとお話しながら決めさせていただきます。

歯の治療を受けた方へ ~治療後の注意点~

神経を取らなかった場合

麻酔をせずに簡単な処置で済んだ場合には、特に大きな問題はありませんが、麻酔を使用して治療をした場合は、後でしみたり傷んだりする可能性があります。そのような場合には、我慢せずに早めにご相談にいらしてください。

神経を取った場合、根っこの治療をした場合

痛む、根っこの先の歯茎が腫れるなどの症状が出ることがあります。歯の中の状態が良くない可能性もありますので、無理せず再治療にお越しください。

奥歯の治療をした場合

麻酔をした直後は歯で自分のお口の内側の粘膜を噛んでしまうことがありますので、注意しましょう。また、奥歯の仮の被せ物が取れてしまうと再治療が必要になりますので注意しましょう。

共通して…

奥歯の治療をして噛み合わせに違和感がある時や、左右の噛み合わせに違いを感じる時は、調整しますので早めにご相談ください。

  • はみんぐケア歯科クリニック ご予約やご相談などお気軽にお電話ください TEL:052-693-7061
  • はみんぐケア歯科クリニック
  • top_img10_sp.png
できるだけ痛くない治療できるだけ痛くない治療
お母さんのための設備が充実お母さんのための設備が充実
お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪