入れ歯

歯が抜けたままにしておくリスク

歯が抜けた状態でそのままにしておくと、噛み合わせていた歯が伸びてきて、今後何かの治療をしようと思ってもできなくなってしまいます。一度伸びた歯は元の位置に戻せないため、歯が抜けた時は必ずすぐに治療を受けるようにしましょう。また、隣の歯が倒れることで噛み合わせ全体が崩壊して、関係のない歯にまで負担がかかってしまうこともあります。

入れ歯作りにおいて大切なこと

噛んだ時に痛みを感じる入れ歯は使い続けることができません。入れ歯は作った直後のものがそのまますんなりと使えるわけではなく、その後何度も調整をしながら最終的に良い入れ歯に仕上げていくものです。痛みがある、噛めない、違和感が強いなど、入れ歯を使っていて気になることがありましたら遠慮せずに何でも仰ってください。なお、場合によっては入れ歯の種類そのものを変えることで解決できることもあります。

入れ歯の選択肢

入れ歯には、保険診療で作ることができるプラスチック製のもの以外に、薄く軽く作れる入れ歯、熱が伝わりやすい入れ歯、金属製のバネがないため目立たない入れ歯、マグネットでお口の中に取り付ける入れ歯などがあります。患者さんのお悩みやご希望を伺った上で最適な選択肢をご提示させていただきますので、今使っているのとは違う種類の入れ歯にご興味のある方は、一度当院へご相談ください。

インプラントをご希望される方へ

歯を失ってしまった時の選択肢の一つとして、インプラントがあります。ただし、当院ではインプラント治療を実施していないため、ご希望される患者さんには信頼できる歯科医院をご紹介させていただくようにしています。

  • はみんぐケア歯科クリニック ご予約やご相談などお気軽にお電話ください TEL:052-693-7061
  • はみんぐケア歯科クリニック
  • top_img10_sp.png
できるだけ痛くない治療できるだけ痛くない治療
お母さんのための設備が充実お母さんのための設備が充実
お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪