院長紹介

院長紹介

院長
丹羽佑介
Yusuke Tanba

経歴

2003年 奥羽大学歯学部 卒業
2004年 奥羽大学歯学部附属病院 研修
2008年 朝日大学大学院歯学研究科 修了(博士号取得)
※学位論文
「β-tricalcium phosphateとcarbonate apatiteの骨伝導性に関する免疫組織化学的検索」は、英文雑誌Oral Medicine & Pathologyに掲載された
博士号取得後は、複数の歯科クリニックで勤務
2011年 はみんぐケア歯科クリニック 開業

ご挨拶

はみんぐケア歯科クリニックのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
「はみんぐ」とは、鼻歌のことで、鼻歌を歌いたくなるような、小鳥のさえずりが聞こえてくるような、そんな柔らかい雰囲気の医院を目指したいと思い命名しました。

痛みに限らず、患者さんが抱えているお悩みを少しでも解決できればと思っておりますので、見た目のきれいさのことなど、お口の中の不安がありましたら我慢せずに何でも仰ってください。また、お口は食べ物が最初に入るところであり、全身の健康にも大きく影響していますので、おじいちゃん・おばあちゃんになってからも自分の歯で噛める状態を維持できることを目指して、治療や処置を行っていきます。まずは歯や、歯を支えている骨の大事さを知り、定期的に歯をケアする習慣を身につけていただければと思っております。

なお、当院では患者さんへの丁寧な説明にも力を入れており、初診時に限らず、毎回歯の状態がどうなっているか、これからどのような治療をしていくのか、ご家庭でのお手入れはどう改善すべきかなどをお話させていただくようにしています。

これからも私たちは、緑区で地域医療の一端を担う歯科クリニックとしてみなさまのお役に立てればと思っております。

診療科目

できるだけ痛みを減らすための工夫

治療を行う以上、全く痛みがないという状態は難しいというのが正直なところです。しかし、できるだけ痛みを軽減するために、当院では必要に応じて表面麻酔を歯茎に塗り、さらに麻酔液はゆっくりと入れていくようにしています。そして何よりも大事なのは患者さんの恐怖感や緊張感を取り除くことです。淡々と治療だけを進めていくのではなく、きちんと声をかけながら、患者さんがリラックスして治療を受けていただける雰囲気作りも忘れません。
検診などで痛いところを調べる時も歯を直接さわるのではなく、レーザー光による虫歯発見器(光学式う蝕検出装置)を導入しており、痛い歯に触れずに、また傷付けることなく検診しております。

時間をかけてしっかり説明をさせて頂きます

患者さんにとって「安心できる歯科医院・信頼できる歯科医院」ってどんな医院でしょう?
何の説明もないまま歯を削られた、自分の事情で選びたいのに治療方法の選択肢を複数提示してくれない・・・、こういったことが原因となって歯医者のことが嫌いになったり、トラウマになってしまった方も少なくないと考えております。
これは患者さんの立場で考えても、医療という観点から視てもこれはおかしなことだと思います。

当院では患者さんに真の健康を提供する意味で次の3つの説明に力を入れております。

  • 見れるものは何でも見ていただく
  • 患者様の言葉でできるだけわかりやすく説明する
  • 治療に選択肢がある場合はきちんとお伝えする

治療に関する説明だけではなく、むし歯や歯周病を予防するためのアドバイスやお子さんの歯に関する知識や身につけてほしい生活習慣までしっかり説明させて頂きます。
ご質問、ご不明点がありましたら何なりとお声がけください。

治療途中で通院をやめてしまった方へ

何かのきっかけで治療途中で通院をやめてしまった方は、今更また通院を再開するわけにもいかず悩んでいるかと思います。例えば、仮歯が入っている状態はとても不安定で、強い力が加わると折れてしまうことがありますし、場合によっては歯の根っこの状態がどんどん悪くなっていきます。自分のお口の中を守るためにも、できるだけ早めに治療を再開するようにしましょう。

  • はみんぐケア歯科クリニック ご予約やご相談などお気軽にお電話ください TEL:052-693-7061
  • はみんぐケア歯科クリニック
  • top_img10_sp.png
できるだけ痛くない治療できるだけ痛くない治療
お母さんのための設備が充実お母さんのための設備が充実
お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪