お子さんの治療・予防

泣いてしまう、怖がってしまうお子さんの治療

1歳や2歳のお子さんの場合は、どうしても話をして理解してもらうのは難しいことがありますが、ある程度の年齢になってからは、治療で使う道具や設備を見せて、触ってもらい、歯磨き指導から少しずつ慣れてもらうようにしています。なお、泣いている子を無理やり押さえつけると歯医者さん嫌いになってしまい、今後のことを考えても良くありませんので、当院ではそういったことはせず、お子さんに対しても丁寧に接することを心掛けています。

お母さん・お父さんへ

小さいお子さんをお持ちの方は、歯科医院で泣いている様子を見て心配されることもあるかと思います。当院ではお子さんを無理やり押さえつけるようなことはせず、優しく接し、治療後にはご褒美も用意していますので、ほとんどの子が慣れてきちんと治療を受けられるようになっていきます。安心してお任せいただければと思います。

お子さんの歯を虫歯から守るために

お子さんが虫歯にならないようにするためには、食生活の見直しが欠かせません。食べたり飲んだりすると、お口の中は酸性状態になりますが、やがて戻っていきます。しかし、こまめにおやつやジュースを口にしている子は歯が酸性の状態にさらされ続け、虫歯のリスクが高くなってしまいます。おやつなどを食べていただくのは問題ありませんが、量と時間を決めて、だらだらといつまでも食べているということがないようにしましょう。また、歯磨きをしているところはしっかりと見て、一本ずつ磨くことを教えてあげてください。乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいため、食生活も歯磨きも親御さんが正しい知識を身につけるところから始めていただければと思います。

お子さんの虫歯を放置しておくと…

乳歯はやがて抜けて永久歯に生え変わるため、乳歯の虫歯は痛みがなければ問題ないと思い、放置してしまう方がいらっしゃいます。しかし、乳歯は永久歯の代わりとしてあるわけではなく、きちんと成長期の大事な役割を担っています。健康でない乳歯を放置しておくことで成長が阻害されたり、永久歯に生え替わってからの歯並びに悪影響を及ぼしたりすることもわかっています。また、親は痛みがないと思っていても、実は子供は痛みを我慢しているだけで言えないということもあります。お子さんが虫歯になってしまったら、必ずすぐに治療を受けさせてあげるようにしましょう。

赤ちゃんのお口は無菌

赤ちゃんはお口の中が無菌の状態で生まれてきますが、2歳~3歳くらいになると、様々な経路から菌がお口に入り込み、口腔内の環境ができ上がっていきます。この頃までに箸やスプーンを共有すると、お母さんやお父さんのお口の中にいる細菌がお子さんに感染してしまうことがありますので気をつけましょう。ただし、親子のスキンシップも大切ですので、あまり過剰に反応する必要もないかと思います。

かかりつけの歯医者さんがあれば安心です

歯が悪くなる度にいろいろな歯医者さんに連れて行くよりは、お子さんも親御さんも慣れ親しんだスタッフのいるところへご相談されるのがお勧めです。特に小さいお子さんは顔を見たことのある大人がいるというのは大きな安心感に繋がります。また、普段から予防などで通っていればお口の中全体のことを把握できていますので、より適切な治療を行うことが可能です。近年はお母さん・お父さんの歯に対する知識と意識が高まってきており、当院にも予防で通うお子さんが増えてきています。

お子さんが歯医者さん嫌いにならないようにするために

小さい頃に一度歯医者さんを嫌いになってしまうと、歯の治療をスムーズに受けられなくなり、大人になってからも歯がボロボロになってしまいがちです。当院では無言でただ治療をしたり、押さえつけたりするのではなく、雑談も交えながらお子さんと同じ目線に立って気持ちを通わせるコミュニケーションを取るようにしています。また、ちゃんと治療を受けられた子にはご褒美も用意していますので、最初は怖がっていた子もきちんと治療を続けられるようになっていきます。

治療が終わったお子さんにはご褒美が

治療・予防処置をがんばったお子さんにはガチャガチャのご褒美があります。
言葉で褒めてあげることも大事なことなのですが、処置後にはお楽しみがあることで進んで診療室に入ってくれるお子さん、我慢する力が目に見えてついてくるお子さん、少しずつ歯医者さんに来ることが楽しみに感じるようになってくれたりするんです。

年代別、歯に関するアドバイス

0歳~3歳

まずは順調に歯が生えてきているかどうかが重要です。3歳になると前歯が生えそろうようになりますので、ご来院される度にきちんと歯の本数は確認するようにしています。また、歯を削る治療などは難しいため、もし虫歯になってしまった場合はお母さんに歯磨きのアドバイスをして、適切なお手入れを続けていただくことになります。

3歳~6歳

この頃になるとお子さん本人が会話をしてこちらの説明も理解できるようになりますので、優しく丁寧にお話するようにしています。また歯が生えそろってからの噛み合わせのチェックも行います。なお、お母さんと一緒に治療室に入るとどうしても甘えてしまうことがあるため、できれば3歳以降は一人で治療室に入るようお勧めしています。その場合も、親御さんに対する治療内容の説明はきちんと行いますのでご安心ください。

6歳~12歳

小学生になると親が仕上げ磨きをしなくなるため、虫歯が増える傾向にあります。夜時間を取るのは難しいかと思いますが、まだお子さん一人ではきちんと磨ききれていないことがありますので、定期的にチェックしてあげるようにしましょう。また、6歳臼歯(前から6本目の奥歯)は虫歯になりやすい溝があるため、生えてきたら早めに歯医者さんで見てもらうようにしましょう。

学校健診について

学校で歯科健診を受けることがあるかと思いますが、院内のようなライトや設備がない状態での診断となりますので、どうしても虫歯を見逃してしまう可能性があります。学校健診とは別に、定期的に歯科医院で歯のチェックを受けられることをお勧めします。

お子さんが歯のケガをしてしまった場合は…

歯が折れてしまった場合は、中の神経までダメージを受けているかどうかで治療内容が変わりますので、まずは早めに診察を受けにきてください。なお、その際、欠けた歯をお持ちいただければ、状態によっては修復することができる場合もあります。一方、歯が抜けてしまった場合は、歯を水で洗ったりゴシゴシ拭いたりせずに、お口の中で唾液に浸した状態でお持ちください。こちらも可能であれば元の位置に歯を戻す再植の処置を行います。

  • はみんぐケア歯科クリニック ご予約やご相談などお気軽にお電話ください TEL:052-693-7061
  • はみんぐケア歯科クリニック
  • top_img10_sp.png
できるだけ痛くない治療できるだけ痛くない治療
お母さんのための設備が充実お母さんのための設備が充実
お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪お子さんが怖がるのも当たり前まずは慣れてもらうことからご一緒に♪